【相互研修会】奈良県臨床心理士会第78回相互研修会(終了しました)

一般社団法人奈良県臨床心理士会 第78回相互研修会

 

1. テーマ

『切れ目のない地域支援を目指して 〜臨床心理士が中心となった、

子ども・若者を守り育てる新しい組織の創造〜』

 

2.趣 旨  

  葛城市では、年代による切れ目がない支援を目指し、「こども・若者サポートセンター」を

開設しました。ここは出生から就労に至るまで相談窓口が一本化されているという、

全国に先駆けて、臨床心理士が関わって地域臨床へ取り組む組織となっています。

そこでは臨床心理士が関わりなりながら保健師、社会福祉士等も一緒になって家庭・地域支援を

行っています。その「葛城市こども・若者サポートセンター」における多職種連携の実践から、

臨床心理士と他職種との連携のあり方を学ぶ機会となればと存じます。 

 

3.期 日  令和元年5月19日(日)10時~16時00分 

4.会 場  帝塚山大学 学園前キャンパス 16号館 16903教室(近鉄奈良線「学園前」)

 

5.プログラム

9:30 受付開始

10:00~12:00 講演

     講師 川﨑圭三先生(葛城市こども・若者サポートセンター所長,本会副会長)

        西川恵津子先生(同センター所長補佐,保健師)

13:00~15:20 実践事例紹介

     発表者 江口広先生(同センター就労コーディネーター,本会会員)

         佐藤麻紀先生(同センター巡回相談員,本会会員)

         川﨑圭三先生(同上)

     総括 石田陽彦先生(同センター統括地域臨床心理士,本会会長)

 

 

当サイトで掲載のPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のロゴからダウンロードしてください。